肩こりによる肩の痛み・腰痛などの慢性症状

肩こりから始まる肩の痛み

慢性的な肩こりが悪化した、肩の痛み

  • 首や肩が常にこっている
  • マッサージ店に通っているが一向に治らない
  • 肩だけでなく首にも痛みを感じる
  • 頭痛や眼精疲労も併発している

肩こり肩こりや痛みは主に、血のめぐりが悪くなることで起こります。特に、長時間にわたって同じ体勢でいることの多いデスクワーク中心の仕事をしている方や、家事・子育てを行っている方は、同じ動作を繰り返すことで筋肉の一部だけに負担がかかり、血行不良で肩こりになりやすいのです。また、筋肉が凝り固まった状態で急に動くと、大きな痛みが突如として生じて、肩や背部のケガの症状が現れることもあります。

慢性的な症状は保険が適用できませんが、その慢性症状の悪化によってケガをしてしまう方も多いため、一度、当院へご相談頂けると幸いです。肩こりを改善するためにマッサージ店に足しげく通う方も多いようですが、痛みの原因を探りそこにアプローチをしなければ、痛みが完全に解消されることはほとんどありません。

痛みの原因を明確にして、根本的な治療を

肩の治療肩こり(肩の痛み)だけでなく、首の痛みや眼精疲労、頭痛などの症状を併発している方は、特に注意が必要です。

デスクワークが多い方は、目まいや吐き気の症状が出る場合もあります。症状が悪化した場合は肩周辺の筋肉だけではなく、首・腕・背中など周囲の筋肉にケガをしてしまっている方も多くみられます。治療が必要なケガである場合も少なくないため、「ただの肩こりだ」と自分で判断せず保険施術の適用範囲である可能性も考慮しながら、一度ご相談頂けると幸いです。

また、姿勢が悪い方も肩こりに悩まされやすいです。悪い姿勢によって本来あるべきところに骨格が位置していないと、周囲の筋肉に余計な負荷がかかり、それが元で肩こりという症状を作ってしまいます。そのような場合、肩だけに働きかけても症状は改善されません。正しい姿勢を身につけるために、全身の筋肉の調整、骨格の調整が必要です。

普段から肩こりに悩まされている方は、正しい場所に適度な筋肉をつけ、姿勢に気を配ることをおすすめします。姿勢を整える、ただそれだけで肩に無駄な力が入らず、肩こりになりにくい体質を生み出します。

再発しやすい腰痛の症状

  • 長時間のデスクワークがとても辛い
  • 朝、腰が固まって動きが取りづらい
  • 起床の際に腰痛がある
  • 整形外科や整骨院での治療に、効果が感じられなかった

もし、以上のようなことでお困りでれば、当院は必ずあなたのお役に立てるはずです。

誰もが発症する可能性がある腰痛

腰痛腰痛は、その人口がおよそ1000万人と言われているほど、日本でも最もポピュラーな疾患のひとつです。昨今では若い方からご年配の方まで、幅広い年齢層に見られるようになりました。腰痛と一口に言っても、「安静時には痛まないもの」、「動いている時には痛まないもの」「常に強い痛みを放つもの」など、その症状は様々です。

腰椎の周りには筋肉があります。このうち、脊柱起立筋、腰方形筋、腸腰筋が重なるようにして骨盤や大腿の骨に不随しています。通常、立っていたり座っている時は、これらの筋肉が絶妙なバランスで上半身を支えています。腰痛は、これらのバランスが乱れた状態に起こるのです。また、骨盤や背骨のゆがみによって身体が過緊張状態にあったり、自然治癒力が十分に機能しない状態にあると、発症しやすくなります。

筋肉の疲労が起こる理由とは?

身体が疲れると、体内に老廃物が生まれます。その老廃物は血液に乗って内蔵へと運ばれ、さらに肝臓や腎臓で処理され、また新しい血液となって運ばれます。しかし、その老廃物の量が多すぎると内蔵が疲れを起こしてしまい「内蔵-体性反射」という反応が発生します。その結果、身体には「ゆがみ」が発生してしまうのです。ちなみに、この時点では、まだ腰痛が起こらない人の方が多いです。

そのゆがみがベースとなる中で同じ姿勢を長時間にわたって保ち続けたり、パソコン作業などで座りっぱなしの姿勢が続くと、身体を支えるため腰の筋肉に力が入ります。この状態がさらに長時間続くと腰の筋肉が疲労を来たし、自分では原因の分からない腰痛を起こしてしまうのです。

腰痛の根本治療とは?

  • 骨盤と背骨に生じた“ゆがみ”を整える
  • 自然治癒力がしっかりと機能する環境を整える

腰痛は、以上のたった二つの点をクリア出来れば改善へと向かいます。

腰の治療根本的な治療を行うことは、腰の状態を良くするだけでなく腰痛の再発を防ぐ効果もあります。注射や薬、マッサージは痛みを一時的に和らげることが出来ますが、腰痛を引き起こしている根本部分が治っていないと身体に負担がかかり、再び痛みが生じます。

腰痛を治すには、身体に負担がかかったときでも自力で回復出来るだけの「バランス作りが大切」です。

施術費用のご案内

<注意事項>

※ 施術時間の目安:1部位20分、2部位30分、3部位40分、4部位以降は1部位プラス5分 
※ 慢性的な腰痛・肩こりは保険が適用できませんのでご注意下さい。
※ 患者様が慢性症状と判断していても、検査の結果が異なる場合が多々あります。自己判断せず、一度、ご相談下さい。

慢性的な症状の場合(柔道整復施術)

一般の方 料 金
1部位 初検時:4,500円 / 2回目以降:2,000円
2部位・3部位 初検時:4,500円 / 2回目以降:2,200円
学 生 料 金
1部位 初検時:4,000円 / 2回目以降:1,800円
2部位・3部位 初検時:4,000円 / 2回目以降:2,000円

保険が適用できると判断された場合(柔道整復術)

一般の方 料 金
1部位 初検時:1,900円 / 2回目以降:500円
2部位 初検時:2,100円 / 2回目以降:600円
3部位 初検時:2,300円 / 2回目以降:700円

※4部位以上は保険請求ができません。1部位につきプラス800円で検査・手技を受付けます。

老人1割 料 金
1部位 初検時:1,300円 / 2回目以降:300円
2部位 初検時:1,500円 / 2回目以降:400円
3部位 初検時:1,700円 / 2回目以降:500円

※4部位以上は保険請求ができません。1部位につきプラス800円で検査・手技を受付けます。

学 生 料 金
1部位 初検時:1,700円 / 2回目以降:400円
2部位 初検時:1,900円 / 2回目以降:500円
3部位 初検時:2,100円 / 2回目以降:600円

※4部位以上は保険請求ができません。1部位につきプラス600円で検査・手技を受付けます。

鍼灸施術(各種保険外)

鍼灸治療の効果は抜群!即効性があります。早く改善したい方、忙しくてなかなか通えない方にオススメです!

治療内容 料 金
鍼治療 1ヶ所(腰、右肩など) 保険施術プラス:1,400円 / 保険不使用:2,600円
鍼治療:学生 保険施術プラス:800円 / 2回目以降:1,700円
鍼治療:疹痛部分 保険施術プラス:800円 / 2回目以降:1,700円
灸治療:1部位(6壮) 保険施術プラス:600円 / 2回目以降:1,200円
灸頭治療:1部位(4本) 保険施術プラス:1,500円 / 2回目以降:2,800円
鍼灸全身治療 クイック 保険施術プラス:2,500円 / 2回目以降:4,000円
鍼灸全身治療 ショート 保険施術プラス:4,000円 / 2回目以降:5,500円
鍼灸全身治療 ノーマル 保険施術プラス:7,000円 / 2回目以降:8,000円
鍼灸全身治療 ロング(要予約) 保険施術プラス:9,000円 / 2回目以降:10,000円
鍼灸全身治療 スペシャル(要予約) 保険施術プラス:13,000円 / 2回目以降:14,000円

超音波観察

対 象 料 金
初回 観察料 1,500円
次回以降の観察料 月初:1,000円 / 同月2回目以降:600円

※学生は各観察料から200円引きとなります。

早期回復が期待できる特殊電気施術

オリンピック選手やプロアスリートも使用している治療機器です! 痛みの強い時や運動制限時に効果を発揮します!

保険適用・保険適用外 料 金
保険適用施術時 1部位:400円〜 / 2部位:600円〜
保険不使用時 1部位:2,000円〜 / 2部位:2,500円〜

※ 電気の強さ、特性により、施術時間(3〜15分程度)、方法やプログラムが異なります。ご了承下さい。

テーピング

対 象 料 金
一 般 1ヶ所:400円 / 2ヶ所:600円
学 生 1ヶ所:300円 / 2ヶ所:500円

※ 症状による部位の範囲によって、費用は異なります。

KTテーピング

枚 数 料 金
1枚 一般:300円 / 学生:250円
2枚 一般:400円 / 学生:350円
3枚 一般:550円 / 学生:500円
4枚 一般:700円 / 学生:650円

オリンピック選手、プロアスリートの世界シェアNo.1

当院は、東北初の日本KTプロフェッショナル研究会公認施設です!

基本情報

院名 かっぱ仙北町駅前はり・きゅう・整骨院
住所 〒020-0861 岩手県盛岡市仙北2丁目3−29
電話 019-634-1599
最寄駅 東北本線 仙北町駅
駐車場 5台の専用駐車スペースあり。また満車の場合は他2台分の駐車スぺースがあります。
一番上に戻る
TEL:019-634-1599お問い合わせはこちら

ご不明点・ご質問は当院スタッフまで
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら お問い合わせ

かっぱブログ Facebook